働きながら資格取得!公認会計士試験に合格するための勉強法をリサーチ

公認会計士試験対策コース(短答式対策)通信講座ランキングベスト3

  • クレアール

    必要最小限の要点おさえた非常識合格法に注目

    248,000円~

    公式HP

  • LEC

    豊富な受講形態と万全の質問フォロー制度に注目

    378,000円~

    公式HP

  • TAC

    通学講座の高い実績を活かした通信講座に注目

    533,000円~

    公式HP

公認会計士資格取得ガイド » 公認会計士の転職&開業事情

公認会計士の転職&開業事情

公認会計士の転職事情の“いま”をリサーチ

現在社会人の方であれば、公認会計士として転職した先にどんな会社があるのか気になるところでしょう。

そこで、転職先を「監査法人」「コンサルティングファーム」「独立開業」と3つの業種にわけて、それぞれの仕事内容やキャリアパス、年収などをリサーチしました。

公認会計士として新たな道を探すための材料としていただければ幸いです。

監査法人

公認会計士になるには、試験に合格するとともに2年間の実務経験を積むことが求められます。その際、多くの方が勤め先として選ぶのが監査法人でしょう。特にBIG4といわれる大手監査法人を目指している方も多いと思います。

最近では、こうした監査法人の一部門から独立したFAS(ファイナンシャルアドバイザリーサービス)も人気のある業種です。

これらの会社の仕事内容や大手と中小との違い、年収などをリサーチしました。

監査法人&FASをチェック!>

コンサルティングファーム

コンサルティングファームも、公認会計士のあいだで人気のある業種です。とりわけ、戦略系コンサルティングファームやIT系コンサルティングファームといわれる会社は、公認会計士だけでなく、さまざまなスキルと経験を積んだ方が転職先として選びます。

基本的にコンサルティング会社ですから、会計・財務以外にも多様なプロジェクトに携われますが、具体的な業務内容や年収など気になる方は、こちらをご覧ください。

戦略系&IT系コンサルティングファームをチェック!>

独立開業

公認会計士の資格を取ったら、独立して会社を立ち上げたいと考えている方も多いと思います。

とはいえ、公認会計士の数はますます増える一方ですので、開業すれば成功するとは限りません。成功するには、監査法人などへ勤めているときに、準備を進めていくことが大切です。

独立して成功するには、具体的にどんな準備をすればよいのか。必要な要素やタイミングの決め方など、まとめて紹介します。

独立開業で成功するポイントをチェック!>

詳細を見る

ページの先頭へ