働きながら資格取得!公認会計士試験に合格するための勉強法をリサーチ

公認会計士試験対策コース(短答式対策)通信講座ランキングベスト3

  • クレアール

    必要最小限の要点おさえた非常識合格法に注目

    248,000円~

    公式HP

  • LEC

    豊富な受講形態と万全の質問フォロー制度に注目

    378,000円~

    公式HP

  • TAC

    通学講座の高い実績を活かした通信講座に注目

    533,000円~

    公式HP

公認会計士資格取得ガイド » 公認会計士になるには » 3つの勉強方法「独学」「通学」「通信」

3つの勉強方法「独学」「通学」「通信」

公認会計士は独学でもなれる?

一般的に、公認会計士の資格を取るための勉強方法には、独学・通学・通信の3つのスタイルがあります。

多くの方が専門スクールに通ったり通信教育を受けたりしながら試験に臨みますが、極まれに「独学」で試験に合格される方もいらっしゃいます。

「自分も独学で合格できるのでは?」

そう思われる方も多いかもしれませんね。

しかし、現実的には独学で合格した方の割合は圧倒的に少ないのです。

なぜ独学で公認会計士試験に合格するのは難しいのでしょうか。その理由は以下の3点に集約されます。

市販教材が少ない

まず、問題集を含め市販の教材が少ないことが挙げられます。

公認会計士試験は、試験範囲が多岐にわたるため、全科目試験範囲を網羅した教材など皆無といっていいでしょう。

つまり、それぞれの科目に対してテキストなど教材を集める手間が必要になります。

また、法改正など最新の情報に対応できないこともデメリットとして考えられます。

内容を理解するのに時間がかかる

これらの教材を入手したとしても、テキストを見て容易に理解できるとは限りません。

専門スクールに通ったり通信教育を受けたりすれば、講師の方がわかりやすくポイントを説明してくれますし、不明点があっても質問ができます。

独学の場合、書いてある内容を理解するためインターネットなどで調べて理解し、また不明点が出てきたらネットで調べ…といった繰り返しになり、効率のいい勉強法とはいえません。

ちなみに、現役の公認会計士の意見として「専門書を見るよりスクールのテキストのほうがわかりやすくまとめてあっていい」という声もあるようです。

論文式試験の対策が難しい

公認会計士試験には、短答式試験と論文式試験の二段階方式になっています。短答式試験(マークシート方式)は独学でもクリアできるかもしれませんが、論文式試験は独学で正解を導き出すのはとても難しいといえます。そもそも第三者目線で採点できる人がいなければ、どこが間違っているのかもわからないのです。

独学・通学・通信のメリット・デメリット

公認会計士の資格を取るための勉強方法には、独学・通学・通信の3つのスタイルがあります。

改めて、それぞれの学習スタイルのメリットとデメリットを比較してみましょう。

独学

メリット ・市販の問題集やWebの情報が教材のため、コストが安い。
・自分の好きなスケジュール、時間に自由に学習ができる。
デメリット ・質問ができないので疑問点解明に時間がかかる。
・自分が入手した情報の新鮮度や真偽性に不安がある。
・モチベーションが保ちにくく、挫折しやすい。

費用が掛からず好きなときに勉強できるのが、独学の大きな特徴です。
その反面で緊張感を維持しにくく、解らないところを調べるために何日も費やしてしまうことも少なくありません。
日商簿記の3級や2級の試験を受けるためには独学でも充分可能ですが、日商簿記1級や公認会計士の資格試験となると独学の勉強方法で合格できる人は非常に少ないでしょう。

通学

メリット ・短時間で効率良く勉強ができる。
・ライバルや仲間の存在によって、モチベーションが維持しやすい。
・最新の試験情報が入手できる。
・解らないところはすぐに質問で解決できる。
デメリット ・費用が高い。
・決まった日時に教室へ行くので、仕事や学校と両立させるのが難しい。
・特に働きながら通う場合は体力的、精神的な負担が大きい。

時間とお金に余裕があるなら、通学が最も有効な勉強方法と言えるでしょう。
専門の講師による最新の授業を生で受けられること、すぐに質問できることは通学ならではのメリットです。
一緒に学ぶ仲間との出会いもあるため、モチベーションを維持するためにも役立ちます。

しかし社会人で仕事を続けながら公認会計士の資格を目指す人や、大学に通いながら勉強する人にとっては、決まった時間に決まった場所に行かなければいけない通学スタイルの学習は、時間的、精神的、体力的に負担になってしまいます。
また費用が高額になることが多いため、経済的に余裕がない場合も通学スタイルの学習方法は適していないということになります。

通信

メリット ・通学に比べて費用が安い。
・自分の好きな時間に好きなペースで学習できる。
・独学より効率的に学習が進められる。
・解らないところをメールや電話で質問できる。
・通学にかかる時間を節約できる。
・WebやDVDの講義を必要に応じて何度でも繰り返して視聴できる。
デメリット ・人によってはモチベーションを維持しにくい可能性がある。

働きながら公認会計士を目指す人や大学に通いながら試験合格を目指す人には、通信による勉強方法が最も適していると言えるでしょう。

自分の好きな時間に効率の良い学習ができるのは、通信だけのメリットです。
言わば独学と通学それぞれのデメリットを相殺した学習法が、通信による学習だと言うこともできます。
講義を何度も視聴したり早送りで効率的な学習ができるのも、通信ならではの特徴です。

ただしモチベーションの維持が自分自身の心構えに依存することは独学と同じなので、挫折しないようにするためには自分が続けられると確信できる学習法を提示しているスクールを選ぶことが必要です。

公認会計士の資格取得のための通信講座ランキングはこちら>>

時間がある人は通学、社会人は通信がおすすめ

上記のメリット・デメリットをふまえ、今のライフスタイルにあった形を選ぶのが公認会計士になる近道といえるでしょう。

例えば、学生さんや公認会計士の勉学に専念できる時間の多い方なら専門スクールに通うのがベスト。公認会計士試験の対策に特化したカリキュラムのもと、効率よく勉強できることで、合格へ一歩近づけるはずです。

現在、仕事をしている人や多くの時間がさけないという方には、通信教育がおすすめです。自分のペースで勉強する時間を設けられますし、専門スクールに通うより費用も抑えられるといったメリットもあります。

このように、自分のスタイルにあわせて勉強をして、公認会計士を目指せるよう、しっかり計画を立てていきましょう。

詳細を見る

ページの先頭へ