働きながら資格取得!公認会計士試験に合格するための勉強法をリサーチ

公認会計士試験対策コース(短答式対策)通信講座ランキングベスト3

  • クレアール

    必要最小限の要点おさえた非常識合格法に注目

    248,000円~

    公式HP

  • LEC

    豊富な受講形態と万全の質問フォロー制度に注目

    378,000円~

    公式HP

  • TAC

    通学講座の高い実績を活かした通信講座に注目

    533,000円~

    公式HP

公認会計士資格取得ガイド » 公認会計士になるには » 短答式試験の勉強法 » 管理会計論の勉強法

管理会計論の勉強法

管理会計論の概要

管理会計論は、大きく「原価計算」「管理会計」の分野に分かれています。それぞれ計算と理論があり、本試験ではこれらが分かれて出題されるのではなく、ミックスされた状態で出題されます。

いずれも、経営医学や統計学に通ずる知識も求められますから、一筋縄にはいかない難易度です。なかでも「原価計算」分野の計算問題が、管理会計論の肝。この計算問題をスピーディーかつ正確に解けるようにならないと、試験攻略は不可能といっても過言ではありません。

管理会計論で高得点を取るための勉強法

原価計算:アウトプットを繰り返す

原価計算の攻略法は”とにかく繰り返し解くこと”に尽きます。中途半端な回答では正答とみなされない問題も多いので、アウトプットを徹底して勉強するなかで、正しい回答のパターンを把握することが重要です。

たとえば、工程別の総合原価計算などは、種類ごとにボックス図の書き方をマスターしたうえで、問題ごとに応じて書き分けることが必要です。このようなに、問題を見たときに解き方と回答パターンがパッと浮かぶようにならなくては、公認会計士試験のなかでも比較的問題数が多いとされる原価計算の攻略は厳しいでしょう。

原価計算:機械的に解かない

公認会計士試験のなかでは、勉強した問題がそのまま出題されるようなものもあります。企業法などはその主たる例で、考えなくとも答えが出てくるような暗記に近い勉強法が攻略のカギとなります。

しかし原価計算問題の場合、計算パターンが無限にあると言っても過言ではありません。見たことがない問題が出ることも当たり前です。つまり、覚えた知識や計算方法を駆使して解かなくては太刀打ちできません。

ただただ解くだけ…ではなくきちんと考えながら解くことを意識しましょう。

管理会計論:学習範囲を広げ過ぎず正確な理解を

管理会計論の勉強を効率的に進めていくためには、学習範囲を広げ過ぎず、一つずつ的確にこなしていく必要があります。すべて覚えようとして無理に学習範囲を広げてしまうと、むしろ点数が伸びにくくなってしまいます。単元ごとに重要度を意識して、重要度が高い部分だけ確実に覚えるようにしたほうがよいでしょう。

また、管理会計は原価計算よりも計算の比重がすくなく、一度覚えてしまえば攻略しやすくなります。でも、あやふやな記憶では解けません。忘れてしまうリスクを考慮すると、先に原価計算の勉強を進めて、管理会計は後に回すのがおすすめです。

高得点を取るコツまとめ

管理会計は、どれだけ学習を重ねても点数が伸びにくい科目の1つです。高得点をとるためには、いかに効率的に勉強を進められるかが元tも重要です。とくに重要度が高い部分は確実に点数が取れるようしましょう。

重要度が高い部分を確実に答えられるようになったら、点数が伸びやすいほかの科目の勉強に時間を充てる、というのも戦略の一つ。公認会計士試験攻略において最も避けなくてはならないのは、時間をかけて勉強したにも関わらず点数に結びつかないということです。きちんと戦略をたてて学習を進めましょう。

詳細を見る

ページの先頭へ