働きながら資格取得!公認会計士試験に合格するための勉強法をリサーチ

公認会計士試験対策コース(短答式対策)通信講座ランキングベスト3

  • クレアール

    必要最小限の要点おさえた非常識合格法に注目

    248,000円~

    公式HP

  • LEC

    豊富な受講形態と万全の質問フォロー制度に注目

    378,000円~

    公式HP

  • TAC

    通学講座の高い実績を活かした通信講座に注目

    533,000円~

    公式HP

公認会計士資格取得ガイド » 公認会計士の資格試験合格者の体験談 » 合格者体験談 クレアール編

合格者体験談 クレアール編

クレアールの通信講座を受けて、公認会計士試験に合格した方の声をまとめています。

働きながら無事合格できました

■通信講座 20代男性

最初は税理士の資格を目指していたのですが、クレアールの事務局に相談したところ、短期合格を目指すなら公認会計士の方が可能性は高いとのことで、公認会計士を目指すことにしました。

働きながら公認会計士の資格をとる必要があったため、選択肢は必然的に通信講座に絞られました。

私はクレアールの非常識合格法のとおり勉強し、根幹となる部分の確かな知識さえしっかり把握していれば、細かい知識が無くても合格は充分にできると確信しました。

企業法や監査論など講師は違いますが「趣旨に立ち返って考えること」「基本論点の理解を大事にすること」など、すべて非常識合格法に則った講義を受けられるため、迷わずに学習を進めることができました。

ゼロからのスタートで一発合格

■通信講座 30代女性

クレアールを選んだ理由は、短期間で一発合格を目指す「非常識合格法」に魅力を感じたからです。

社会人として仕事をしていたため、公認会計士の勉強はほかの人より遅いスタートになります。監査法人などへの就職も考えると年齢的に厳しく、それを打破するためには「上位での一発合格」しかないと考えたのです。

学生のころに1冊の問題集を徹底的に暗記して結果を出した経験がある私には、基本的かつ重要なポイントだけに絞り込んだクレアールの薄いテキストを使った非常識合格法は、すんなりと納得できるものでした。

試験当日には「これだけ頑張ったのだから絶対にほかの人に負けない」というくらいの自信で臨めました。短期集中で密度を濃く勉強したことで「すごくがんばった」という錯覚が生まれ、余裕を持って試験に臨む心構えになれたのだと思います。

いかに楽して合格できるかを考えていました

■通信講座 30代男性

もともと金融機関でトレーダーをしていたのですが、ある企業の財務分析をした際に簿記に興味を持ち、会計のスキルを高めたいと考え始め、公認会計士を目指すようになりました。

仕事をしているので、時間と場所を選ばず勉強ができる通信講座は本当に助かりました。仕事後に喫茶店で簿記や管理会計なども勉強していたのですが、スクールの教室ではなくリラックスしながら学習ができましたし、長期間続けられたのも通信だったからだと思っています。

公認会計士試験を通じて、私はいかに楽して合格するかを考えていました。手を広げすぎず、教材を反復しながら着実に身に着けていく。それが、上位合格できる秘訣だと思います。

合格への強い思いが大切!

■通信講座 20代男性

日商簿記1級をとった後、大学2年になってから公認会計士の勉強を始めました。

初年度は、ほかの生徒と一緒の緊張感のなかで、答練をする訓練がしたかったため、ライブの授業を受けました。

2年目と3年目はDVDの授業を選択。1.5倍速で授業を進められることと、細かくメモがとれることが便利でした。

人それぞれに合う勉強法があると思いますが、一緒に勉強していた大学の仲間や後輩たちのなかで一発合格したのはクレアールが最も多かったです。だから、一発合格を目指すなら、クレアールが最適だと思います。

学習範囲の選択が合格への鍵!

■通信講座 20代女性

自信を持つことと、決めたことは絶対に続けること。それが合格する秘訣だと思います。

答練や模試で合格ラインに届かないと判定された私が合格できたのは、「絶対に合格してやる!」という強い意志を持ち続けたからだと思うのです。

その気持ちを持ち続けられた一因に、クレアールの「非常識合格法」があったからだと思います。薄いテキストで最初は心配でしたが、学習範囲を絞り込んで繰り返し学習することで、知識と能力を着実に身につけられました。

応用問題でも、クレアールのテキストの範囲だけで十分に対応できましたし、公認会計士を目指す方にはオススメのスクールですよ。

詳細を見る

ページの先頭へ