忙しい社会人向け 公認会計士の資格取得ガイド

働きながら資格取得!公認会計士試験に合格するための勉強法をリサーチ

公認会計士試験対策コース(短答式対策)通信講座ランキングベスト3

  • クレアール

    必要最小限の要点おさえた非常識合格法に注目

    248,000円~

    公式HP

  • LEC

    豊富な受講形態と万全の質問フォロー制度に注目

    378,000円~

    公式HP

  • TAC

    通学講座の高い実績を活かした通信講座に注目

    533,000円~

    公式HP

働きながら公認会計士に
合格するための方法を紹介

イメージ

このサイトでは働きながら公認会計士の国家試験に合格し、資格を取得するために、必要な知識や情報を紹介しています。
公認会計士は医師・弁護士と並び「自由業の3大国家資格」とも言われる、社会経済をささえる会計のエキスパート資格です。

会計業務をはじめ監査・税務など社会で必要とされる場面は幅広く、知識・経験を活かして経営コンサルタントとして活躍している人が多いのも、この資格の特徴です。 時間もお金も有効に使い、公認会計士試験に合格するための方法をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

公認会計士の資格取得に有効な勉強方法を徹底比較!

「独学」「通学」「通信」
公認会計士になるための勉強法を比較

公認会計士の資格を得るためには、公認会計士・監査審査会(金融庁)が毎年実施する公認会計士試験に合格しなければなりません。
試験に合格するための勉強方法には独学・通学・通信の3つのスタイルがあります。

独学

  • コストが最も安い
  • 好きな時間に勉強できる
  • 解らないところがあっても質問できない
  • 最新の資料や情報が入手しにくい
  • モチベーションを維持しにくい

通学

  • 短時間で効率的に学習できる
  • 最新の資料や情報が入手できる
  • 解らないところはすぐ質問できる
  • 一緒に勉強する仲間がいるのでモチベーションを維持しやすい
  • コストが最も高い
  • 決まった時間に教室に通うため仕事や学校と両立させにくい
  • 働きながら通う場合は体力的、精神的負担が大きい

通信

  • 通学よりコストが安い
  • 好きな時間に好きなペースで勉強できる
  • 最新の資料で効率的に勉強できる
  • 解らないところを電話やメールで質問できる
  • 通学にかかる時間を勉強に回せる
  • WebやDVDの講義を繰り返し視聴できる
  • モチベーションを維持しにくい

社会人の公認会計士資格取得には「通信」がおすすめ

時間とお金がじゅうぶんにあれば通学で勉強するのが確実ですが、働きながら勉強する社会人にはWebを活用した通信スタイルの勉強方法が最も適していると言えるでしょう。

通信で公認会計士の学習を指導しているスクールは数多くありますが、中には膨大な量のテキストやDVDを送ってきて終わりというところもあるので、 学習に適度な量のテキストで試験合格まで責任を持って指導してくれるスクールを選ぶことが大切です。

公認会計士の資格取得のための通信講座ランキングはこちら

公認会計士の受験資格・試験内容とは

受験資格について

公認会計士の試験は年齢や学歴・経験に関わらず、誰でも受験することができます。
このため、最近では16歳の高校生から67歳の高齢の方まで、さまざまな方々が合格しています。

受験資格についてのイメージ

試験概要について

試験は「短答式試験」と「論文式試験」の2段階方式となっており、原則として短答式試験に合格した人が論文式試験を受験できます。

短答式試験は年2回(例年5月下旬と12月上旬)実施され、マークシート方式です。(どちらか1回の合格でOK)

論文式試験は、文字通り論述式の試験で、年1回(例年8月下旬)実施。試験は3日に分けて行われます。
なお、短答式に受かれば2年間は有効となります。例えば2017年の12月に短答式試験に合格した方は、2018年の論文式試験で不合格となっても2019年、2020年の論文式試験も受けられます。

短答式試験(12月中旬と5月下旬の2回) 論文式試験(8月下旬頃の3日間)

マークシート方式
財務会計論(120分)

簿記、財務諸表論、企業など外部の利害関係者の経済的意思決定に役立つ情報を提供する会計の理論

管理会計論(60分)

原価計算、企業など内部の経営者の意思決定や業績管理に役立つ情報を提供する会計の理論

監査論(60分)

金融商品取引法、会社法に基づく監査制度と監査諸基準などの監査理論

企業法(60分)

会社法、商法、金融商品取引法、監査を受ける組合や組織に関する法

論述方式
監査論(1日目120分)

財務諸表監査に必要な知識、制度及び理論背景

租税法(1日目120分)

法人税法、所得税法、租税法総論、消費税法の租税法各論

会計学(2日目300分)

財務会計論、管理会計論

企業法(3日目120分)

会社法を中心に、企業を取り巻く各種法律

選択科目(3日目120分)

経営学、経済学、民法、統計学から1科目を選択

試験の攻略法はあるのか?

人それぞれ、勉強法はあるかと思いますが、一般的には「計算科目」ともいうべき財務会計論と管理会計論を最初にマスターしたほうがよいといわれています。

計算方法の習得には時間がかかりますが、一度習得すれば忘れにくいという一面もあります。計算科目は、できるだけ早めにおさえておきましょう。

また、論文式試験では丸暗記で通用する科目は少ないため、理解力が決め手となります。

資格取得を目的とした専門学校(スクール)などの講義を受けるとともに、答練・模試などで「解く力」をしっかり身に付けることが大切です。

新試験制度で短答式と論文式が分離

平成22年の制度変更により、公認会計士試験の内容が一部変更になりました。

それまでの試験では、短答式試験と論文式試験の内容が一部重なっていたのですが、新制度ではそれぞれの試験内容が明確に分かれるようになったのです。

受験生の身で考えると、それまでは短答式・論文式と分けることなく、基礎から論文式対策までしっかり学ぶことが重要だとされてきたのですが、新制度以降は「まず短答式に特化して勉強し、合格したら論文式に特化して勉強する」と分けて学習していくスタイルも可能になったわけです。

実際、一部の大手資格スクールでは完全に分離させたカリキュラムを提供しているところもありますし、受験生としては学習範囲も分離されたわけですから、何よりも負荷が少なくなるといったメリットがあります。

まずは短答式の合格を目指そう!

短答式だけにする?
それとも論文も含めたフルパッケージで挑戦する?

一般的な資格スクール(予備校)で用意している公認会計士試験対策のコースは、大きく2パターンに分けられます。

  • (1)短答式試験対策の講座
  • (2)短答式試験と論文式試験の両方を対策する講座

先述の通り、短答式試験で合格しなければ論文式試験を受験することができません。

短答式に合格するというのが大きなハードル

その短答式試験の合格率は15%前後と、低いのが現状です。

短答式も論文式も一発で合格した公認会計士の方もいらっしゃいますが、多くの受験生が短答式を何度もチャレンジしてやっと合格し、その後の論文式でも幾度と受けて合格したという人です。

何度も受験するうちに、勉強時間が取れないとか公認会計士は不向きだと途中であきらめる方もいるかもしれません。

また、資格スクールでは2年間とか3年間など期限を区切っているコースが大半です。この期限内に合格しなければ、スクールに支払った受講料は水の泡に帰してしまいます。

まずは第一歩を踏み出すためにも、短期試験対策からはじめるのはおすすめ

そこで、まずは「(1)短答式試験対策の講座」を受けて短答式合格を目指すという方法を、このサイトではご提案します。

もちろんはじめから論文試験までを視野に入れて勉強することにもメリットがあります。特に「決意」という意味では「(2)短答式試験と論文式試験の両方を対策する講座に申し込む」のと、そうでないのでは多少の差はあるかもしれません。

しかしまずは「公認会計士への第一歩を踏み出す」という意味で「(1)短答式試験対策の講座」のような方法でとにかく公認会計士になるための勉強を始めてみるのも一手ではないでしょうか。

評判の公認会計士専門学校の
通信講座を徹底調査

クレアール

必要最小限の要点おさえた効率的勉強法、非常識合格法に注目!

短答式
248,000円~
短答式・論文式
577,000円~

TAC

通学講座の高い実績を活かした通信講座に注目!

短答式
553,000円~
短答式・論文式
730,000円~

資格の大原

「大原の講義は眠くならない」と評判。TACと並ぶ老舗!

短答式
該当コースなし
短答式・論文式
730,000円~

LEC東京リーガルマインド

豊富な受講形態と万全の質問フォロー制度に注目!

短答式
378,000円~
短答式・論文式
600,400円~

東京CPA会計学院

場所がら慶應生、早稲田生のエリートがたくさん集まる学校!

短答式
554,000円~
短答式・論文式
632,000円~

Z会

公認会計士試験対策に新規参入の注目株。今後注目!

短答式
該当コースなし
短答式・論文式
666,000円~

公認会計士の資格取得のための通信講座ランキングはこちら

公認会計士になるには

公認会計士になるには

ここでは公認会計士になるには、どのような試験を受ける必要があるのか?勉強法として、通学・通信講座・独学のメリット・デメリットは?「公認会計士」と正式に名乗れるまでにどのようなステップがあるのか?などについて説明します。

公認会計士と米国公認会計士の違いを
徹底比較

日本では約10%の合格率といわれる難関の公認会計士は、監査法人からの転職であれば、米国の公認会計士のキャリアパスも同等です。しかし、海外では米国公認会計士がさまざまなビジネスフィールドで活躍しているので、監査法人以外のキャリアパスを見つけることができるかもしれません。日本と米国の公認会計士の違いを説明します。

ページの先頭へ